生きた乳酸菌で病気を治療するblog

生きた乳酸菌で病気を治療する

健康志向の方には 充分おなじみの生きた乳酸菌」

身体に良いことは皆さんご存知だと思いますが、どの様に良いのか

ご存知でしょうか?

 

ヒトの体には約500種、500兆個以上の膨大な量と種類の菌が生息しています。

この菌は ヒトに有益な『善玉菌』 

     病気やトラブルの原因になる『悪玉菌』 

     優勢な菌に合わせて変化する『日和見菌』 

     ・・・の3種に分類されます。

これらが 体内で 菌バランスが崩れ 悪玉菌に優位な状態になってしまうと様々な病気を引き起こすことが分かっています。

 

しかし、多くの細菌は に弱い為、

乳酸桿菌が 乳酸を産生し、弱酸性にする事で、病原体等の悪玉菌が増えるのを予防します

これが乳酸菌飲料が健康飲料として永く飲まれている理由です。

しかし

口腔内での乳酸菌の働きは・・・・

虫歯の原因はミュータンス菌ですが、乳酸桿菌も大きく関わっています。

乳酸桿菌は 乳酸を作る乳酸菌の仲間で、

    (乳酸菌は 腸の中では 善玉菌として知られています。)

口腔内で ミュータンス菌と一緒になると、大量に乳酸を産生して、本来 弱酸性の口腔内が、一気に強酸性に上がってしまいます。

通常の細菌は 強酸性では生きられませんが、

乳酸桿菌は 充分に生存できる為 

ミュータンス菌と一緒になって、砂糖を餌にしてエナメル質を溶かし、虫歯を進行させてしまうのです。 

 

特別な「母乳由来の」乳酸菌「ロイテリ菌」

当院で扱っているバイオガイアのロイテリ菌は

お口から大腸までヒトの全ての消化管に定着できることが確認された『ヒト由来の自然の乳酸菌』です。

ヒトの体にとって有害な悪玉菌を感知した時のみ「ロイテリン」を産生。ビフィズス菌等の「ヒトに対しての善玉菌」に対しては、

ロイテリンを産生しない為 体内の細菌バランスを整えます。

この様な事から・・・

口腔内でも 歯周病による「歯茎の腫れ」や「歯茎からの出血」などの炎症に 大変有効と言われています。

歯周病心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病のリスク、最近では

認知症の原因にも関わってくると言われる、深刻な病気です。

厚生労働省に於いての「高齢者歯科検診」も

この様な お口の衛生と健康を守る事は 全身の健康を守る事に繋がる事を重視して行われています。

現在 多くの歯科で「オーラルセラピー」として

この細菌バランスを整える方法の導入が進んでいます。

 

 

 

 

 

生きた乳酸菌で病気を治療する

しかし、生活習慣の中で ゆっくり体内改善をしていく方法ですので、

結果を感じられるまで3ヶ月~6ヶ月は必要です。

 

この「オーラルセラピー」に少しでも興味がある方や気になる方は

御来院時に歯科衛生士に気軽に声がけください。

生きた乳酸菌で病気を治療する

しかし、乳酸菌を使った治療は効果が出るのに時間がかかるため、

途中でやめてしまう方も多くいらっしゃいます。

乳酸菌は長く続けることで効果が現れます。

効果が現れる時期は人それぞれ違ってきますが、

最低3ヶ月~6ヶ月は続けて頂きたいです。

ロイテリ菌の乳酸菌に少しでも興味がある方や気になる方は

来院時にスタッフに気軽にお声がけくださいませ(^^♪

タバコは自分が吸っていなくても害がある?!

お役立ち歯科コラム2024/01/31

皆さんはタバコが体に与える影響について、どこまでご存知ですか? 近頃では喫煙できる場所が減ってきて、外出先でタバコの…

長期休暇で歯がボロボロ!?

お役立ち歯科コラム2024/01/15

明けましておめでとうございます♪ 皆さん、お正月はゆっくり過ごせましたか?   『年末年始はついダラダラと食べ…

むし歯に『完治』はない!?

お役立ち歯科コラム2023/10/24

皆さんは ご自身のお口の中を どのくらい把握できていますか? 自分の歯が何本あって、そのうち何本の歯を治療しているか・…

戻る