日本人が知らない銀歯のリスクについてblog

日本人が知らない銀歯のリスクについて

こんにちは、柏原市のなかむら歯科医院の院長仲村です。
今回は銀歯についてのお話をさせていただきます。
「芸能人は歯が命」という言葉が一昔前に流行ったことはありますが、海外では日本以上に歯の白さや歯並びを重要視しており、社会的ステータスとまで言われています。
歯が汚かったり、歯並びが悪いと、第一印象も悪くなり仕事の成果にも影響を及ぼすこともあるのです。

そのため欧米の方は歯の予防意識が高く、予防のために歯科医院に通う方が全体の患者数の98%と日本では考えられない数字となっています。

銀歯の危険性について

これまで日本の虫歯治療において、銀歯は多く使用されてきました。銀歯以外の材料を使った治療は自費となることが多いため、結果的に保険適用である銀歯を選択される方が多かったのです。
この銀歯は実は「銀」ではなく金と銀とパラジウムの合金で出来ています。実はこの素材は日本でしか使用されていません。
国民皆保険制度上、最低限のコストで最低限の治療が出来る素材として生まれたという背景があります。
この素材の人体に及ぼす影響について昨今では問題視されており、以下にまとめてみました。

金属アレルギーの原因となる

銀歯は口の中で細菌や熱、咬合運動などにより、日々劣化していきます。
劣化して傷ついた銀歯の表面から金属イオンが溶け出すと、金属アレルギーを引き起こす可能性があるのです。
特にこの銀歯に使われるパラジウムはアレルギーを引き起こす確率が極めて高いのです。
ご存知だと思いますが、金属アレルギーが引き起こされると、問題は口の中だけでは済まなくなります。
金属アレルギーは銀歯を入れて何年かしてから急に発症することが多く、銀歯が原因ということに気づかず適切な治療が出来ないケースも少なくありません。

銀歯をかぶせたところから虫歯が再発

虫歯を治療して銀歯をかぶせると、銀歯と歯の隙間をセメントで埋めるのですが、その隙間から虫歯菌が入り込むことがあります。
そうなると、銀歯の中で虫歯が広がってしまいます。銀歯の中の虫歯は見つけることが難しく、気づいたら重症となっていることも少なくないのです。
このようなことにならないためには、定期的に歯科医院で検診を受けてチェックをしてもらいましょう。
また、セラミックは銀歯よりもピッタリと歯につくため、虫歯が再発するリスクが少なくて済むのでご検討ください。

歯周病を悪化させる

銀歯は表面に傷がつきやすい素材で、傷の中には菌がたまりやすくなります。
歯周病菌ももちろんたまります。
その結果、銀歯を入れたら歯周病がひどくなったということにもつながります。さらに銀歯と歯茎の隙間にたまった菌が口臭の原因にもなります。
銀歯の周りは特に菌がたまりやすいので、歯ブラシやフロスで念入りに磨いて綺麗な状態を保ってください。
そして定期検診でチェックをして、クリーニングも受けましょう。


日本の保険制度は、誰でも低価格で治療が受けられるシステムです。しかし、利点だけでなくこのようなリスクもあります。
保険適用だから銀歯を選ぶのではなく、銀歯のリスクについて理解した上で素材の選択をすることが大切です。
また、海外の方から、「日本の人は歯が汚い」「銀歯だらけ」と思われないように定期検診と丁寧なブラッシングでお口の中を健康に保ちましょう。

「舌筋トレ」で健康寿命をのばしましょう!

お役立ち歯科コラム2020/06/29

こんにちは、柏原市河内国分のなかむら歯科医院、院長の仲村です。 当コラムでもお伝えしておりますが、お口の中が健康な方…

日本人が知らない銀歯のリスクについて

お役立ち歯科コラム2020/06/10

こんにちは、柏原市のなかむら歯科医院の院長仲村です。 今回は銀歯についてのお話をさせていただきます。 「芸能人は歯が命…

食事でアンチエイジング!

お役立ち歯科コラム2020/04/30

    こんにちは。 柏原市河内国分のなかむら歯科医院、院長の仲村です。 最近では食事からアンチエイジン…

戻る